はてなすび

スマブラが大好きな社会人のブログです。仕事や人生について、スマブラforWiiU,DX,Special(予定)の競技シーンや考え方、キャラ対策、生き方との関わりについて記事を書きます。

ワリオの崖 スマブラ4

崖攻めについて

 

 

NB 

攻撃、その場、ジャンプを狩れる。強いです。ただもちろん相手もこの技が強いことは知っています。噛みつき見てから崖離し攻撃や回避上がりされるのでその辺はフェイントやディレイかけて。特にルフレとかバーストされるような空中攻撃持ってる相手は気をつけてください。相手の空中攻撃の振り方や判定やワリオの位置次第で崖離しJも狩れたりします。この拓はジャンプ、攻撃、その場と3つ狩れますが、バースト出来ません。

ジャンプ、攻撃、その場の順で食らい判定が出るのが遅いです。ただ、ジャンプ上がりと攻撃上がりは見てから噛み付きをしても間に合わないケースが多いです。(SJして噛み付きを置けば、攻撃を避けつつその場と攻撃上がりに対応することができます)ジャンプだけ見たい場合はNBして引っかからなかったら崖から離れましょう。相手のジャンプ上がりに間に合わずにそのまま噛み付きを継続していた場合、相手がフォックスなど急降下が早いキャラだった場合には空後を入れられて、こちらがバーストすることも十分ありえます。基本的な考え方として、回避上がりの位置で待っていれば相手が回避上がりして来なくてもラインを詰めている状況を継続出来るので、安定ではあります。

 

空前 

持続が長いのでジャンプ上りや攻撃上り、その場上りを狩ったりできます。カス当てからオナラの読み合いもできると思いますが、僕はまだ出来たことないです。空前を打ちながら引きつつ回避上がりも見れるのが良いです。置いておくことで崖離し攻撃に対しても有効です。途中で急降下を入れても着地隙が出ないので要練習。

 

空後

ジャンプ上りに対して置いておきます。持続が短いのが残念ですが、SJ空後は見かけより広い判定なので引っかかりやすいです。バースト出来るのが良い点。攻撃上がりや崖離し行動にも対応する場合も。攻撃上がりを相手が選んだ場合Jで攻撃をすかせるので、オナラや掴みを入れられます。

 

空上

下り空上をジャンプ上りに対して置いて置くことで高いリターンが期待できます。たまには見せておくと良いと思います。崖奪いと見せかけて空上置きもあり。回避上がりに対しては、相手の姿勢が低くなって少し難しいですが、着地際に空上を当てることで空上やオナラが繋がります。置いておくだけなら着地隙も少ないので、リスクが低くリターンも高いです。

 

空下

持続がある程度あるのでジャンプ上りや崖離し攻撃に対応しています、とくに相手の崖離し攻撃で途中でストップするとメテオになって相手が帰ってこれなくなる場合があります。SJから出すことによって無敵なしの崖捕まりにあたったり、崖につかまっている相手にそのまま当てに行く事ができるのがよい点です。崖奪いと見せかけて、空下を置いておくセットプレイもあります。

 

 

空N

引きながら打って回避上がりを見ようとするのはありかもしれない。当たるとリターン大です。

崖離し行動をする相手に対して崖に降りるように置いて、2段目の持続を当てることで崖メテオを狙うネタをごく最近発見しました。

 

横強

相手が動いたのを見てからその場上りに合わせます、それか崖離しJするとおもったら少し離れて打つとよいかも。キャラによってはその場、攻撃、回避全てに対応していることがあります。掴みより早くバーストできます。すべてのキャラの崖掴みの無敵が切れた状態に当たります。これは結構優秀。撃墜出来る時は、相手の無敵が切れる時間に合わせてワリオ1.3人分の距離あたりから横強下シフトを出しましょう。DAもすべてのキャラに当たるので、横強が間に合わない場合はDAをしてます。

 

上強

崖のすぐ近くで使うことで、ジャンプ上がり、その場上がり、攻撃上がりに持続当てを狙うことができます。その場合オナラが確定します。これの欠点は知っている相手には位置でこちらの狙いがわかってしまうことです。ここぞというところで狙いにいきましょう。

 

下強

崖につかまっている時、当たる相手には当たります。それなりに当たらないキャラもいます。崖離し行動に対応しているので、この技から展開が作れないものかと最近考えています。後の拓としては横強、空下、空前、引き空前、ガード様子見などがあるかと。

 

下スマッシュ

崖掴みの無敵が切れていても結構当たらないキャラがいます。ディディー ゲッコウガ クラウド ガノンは全く当たりません。ソニック ピット パルテナには一段目が当たりません。このキャラ達には横強下シフトを使いましょう。崖の読み合いで使うというよりは、1段目の持続が10Fあるみたいなので、確定で当てられるところに置いておく技ですね。

掴み

その場上がり、攻撃上がりに対応しています。相手を倒せるのがよいところ。リュウに対しては、1Fにつかみをあわせないと、逆に昇竜拳でこちらがやられてしまいます、噛み付きなら持続があるので安全に狩れます。

 

下B

 読み勝てば相手を倒せます。噛み付きを嫌がって、回避上がりしてくる相手に狙うのがテンプレです。その場、攻撃上がりに狙うのもあり、上強から狙うのもあり、崖離し攻撃ジャスガから狙うのもありです。大Jしておいて相手の崖離し攻撃をかわしてから当てに行くやり方もあります。ジャンプ上がりを見ておいて、相手がジャンプ上がりの後に回避をすると思ったら、そこに当てに行くのも一つです。ジャンプ上がりを見てからオナラを見せておけば、相手はかなり行動を制限されるように感じます。

 

横S

攻撃上がり一点読みで先だししたり、、極稀に使ってもよいかもしれません。こちらが打ってもバーストされないときにしましょう。崖捕まりに当たるキャラもいるのでそれらに対して狙ってもよいかも。一瞬引くので相手の攻撃をすかしつつ当てられるかもしれません。

 

上S

回避上がりに対して、確認できた時に使いたいです。こっちがオナラ溜まってなくて相手が回避上がりしそうな時にホールドして出せば、早く倒せることも。使用例としては、崖際に立っておいて相手が捕まる→やや遅れて後ろにダッシュ→回避上がりだと思ったら反転して上S

バイク上投げについて

バイクを設置して上投げしたり、最大オナラの持続を伸ばしたりするのが強いです。バイクに当たると14%も食らいますし。バイク上投げ→下Sで回避上がり以外全部狩れます。ただ、相手の%が低いうちは反撃をもらってしまうので100%超えてから使っています。相手の蓄積が多いと、崖無敵も早く切れるようになりますので。。ただ下Sが崖捕まりに当たらないキャラもいます。反射もちのキャラやむらびとにはこの戦法はなかなか使いづらいですね。