はてなすび

スマブラが大好きな社会人のブログです。仕事や人生について、スマブラforWiiU,DX,Special(予定)の競技シーンや考え方、キャラ対策、生き方との関わりについて記事を書きます。

スマブラの感想戦について

f:id:nasubisb:20180926231705j:plain

www.nasubisb.site

先日の京大スマブラ会のイベントで初の試みとして実施されました、
スマブラ4における感想戦について掘り下げていきます。

目次

そもそも感想戦とは?

感想戦 - Wikipedia
引用、本来は将棋用語で対局後の振り返りを指し、最善手を探り実力の向上を目的としています。
スマブラでも同じようにやってみようということで、今回実施されました。

実際にやってみて

実施の方法

2ストック6分で対戦、リプレイを撮り、対戦者と第三者で振り返りという手順で実施しました。
三者を入れることを重要視し、3人1組でグループ分けしました。
中には1ストックに変更したり、3人の組み合わせ全て終えた後で振り返りを行った組もありました。

良かった点

・自分のプレイを見返すことができる
家でも出来るんですが、他の人と一緒に見るということで、違った感想が生まれる可能性があります。

・自分のプレイに対する他のプレイヤーの客観的な意見を聞くことができる。
中々得難い機会でした。対戦中にほかのプレイヤーが考えていることを聞けるのも良かったです。
将棋と同じで最善手を探す手伝いをしてもらえました。

・話し合うことでプレイヤー同士の交流につながる。
コミュニケーションツールとしてのスマブラ、良いです。

考慮すべき点

感想戦のことを考えてしまい、立ち回りが崩れる。
僕はあまり思わなかったですが、こういう参加者もいました。後で見返すことを考えると、動きに影響が出てしまうそうです。大会に出て配信されると必ず動画化されるので、慣れておきたいですね。感想戦という場は少々特殊ですが。

・すぐに対戦が終わってしまい、読み合いの回数が少ない組があった。
1ストックでHIKARU君と対戦していたのですが、2回やって18秒と9秒で試合が終わりました。あれだけ早く終わってしまうとあまり意味がないような気がしますね。立ち回りの考察もあまりできないので。
OCEANと相手が低い%の時に、ロボットの空前差込のリターンが低いという話をしていましたが、そういう話もできるとより良いと思います。
1ストックにするとそういう影響もあるということで。30秒以内で終わったらもう一回試合を行う等対策をしたいですね。


・リプレイ機能の性能
いちいちコレクションの画面まで行ってリプレイを見るのはなかなかめんどくさいです。その手間があったとしても、シーク機能は欲しかった…一番いいのはPCでキャプチャーソフトを使用して、録画か配信して、シークできるようにすることですね。Specialではリプレイ機能が改善されているとよいのですが…

・リプレイを見ずに振り返る
本当に可能なのかと懐疑的でしたが、互いに印象に残った場面について考察出来るので、今では結構ありかもしれないと思っています。撃墜できた場面と撃墜された場面の振り返りは普段から行って、習慣にしておきたいところ。

総括

テレビゲームにおいては、上達するための方法論が古来からの遊戯と比べると確立されていません。スポーツでは、最新技術やデータ分析の導入によって、一昔前とは練習方法が様変わりしていたりしますけど。将棋にかかわらず、他分野の方法論を輸入して試してみることは非常に有意義であると感じました。今後も新しい方法論を考えていけたら!と思います。